« ウォーターラインのメンテナンス | トップページ | e5走行会 6th in 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ 行ってきました☆ »

RECARO TS-G GK2(新型) 装着☆

先日、THEフロアー補強PREMIUMを装着されたお客様が告知している今週末の袖ヶ浦走行会に参加される事になりました。

今回、サーキット初走行です。
Miki Projectでは、こういったビギナーさんのサポートも丁寧に積極的に行っていますのでお気軽にご相談下さい。

これに伴い、今回 RECARO TS-G GK2(新型) のメッシュツートンバージョンの装着と4点式シートベルトを装着されました。

レカロはTS-Gの今年の最新型モデルのGK2でカラーは一番人気のあるジェントルなデザインのカムイブラック/センター:シャイニングメッシュシルバーを選択されました。
これは本当にカッコイイです☆

まずは、シートを外して室内のクリーニングから始めます。

また、シート脱着時に万が一ボディーにダメージを受けないように厚手のタオルで全体を養生します。

201610221

201610222

201610223

お客様からフロアーマットが金具が外れてよく取れてしまうので修理を依頼されていましたのでサービスで対応させて頂きました。
これで動きませんから大丈夫です。
マット掃除の際にも片側のタイラップを外すだけのシンプルな仕組みにしておきましたので。

201610224

下加工で純正シートベルトのロック側の角度を手加工します。
付けた事がある方ならお分かりと思いますが、そのまま付けると非常にベストフックがロックしずらい場所に来てしまいます。
細かな内容はお見せしませんが、そこはノウハウで一番使い勝手の良いポイントに来るよう最適化します。
また、ロック側のフックも純正のように向きがスライド出来るような加工も施してあります。
こういった細かな気配りが仕上がりに影響するわけです。
時間効率で行う作業でなくクウォリティー重視の職人の知恵と手間です。

2016102210_2

そんな準備も完了してシートが装着されました。
いや~いつもながらカッコイイの一言ですね。

201610225

201610226

2016102213

シートの角度は、TS-Gのメリットを最大限発揮出来るやや寝た姿勢の余裕のあるドライビングポジションです。
サーキットでもロングドライブでも安心して走れるベストポジションです。
一度これに乗ったらもう他のシートには興味がわきませんから。

2016102212

シートレールはマルハモータースさんのレカロバケット用シートレール(ダブルロック)を採用しています。

201610229

また、シートを保護するサイドプロテクターとシートベルトプロテクターも同時装着しました。

201610228

2016102211

4点式シートベルトは、シンプソン ベルト・ロータリーTYPEを採用しました。
このベルトのメリットは、リアのアンカーボルトの必要がないこと。
特に幌車ではサーキットでオープン走行する際にリアのハーネスの引っ掛かりが気にならないというのは最大のメリットですね。
シンプソンというブランドバリューもその気にさせますし品質、安全面でも申し分ありません。
ロータリー式のロックも操作性が高いです。
2シーターのロードスターにはお勧めの逸品です。

201610227

2016102214

さあ、これでサーキットデビュー準備万端ですよ!!

2016102215

|

« ウォーターラインのメンテナンス | トップページ | e5走行会 6th in 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ 行ってきました☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221520/68077891

この記事へのトラックバック一覧です: RECARO TS-G GK2(新型) 装着☆:

« ウォーターラインのメンテナンス | トップページ | e5走行会 6th in 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ 行ってきました☆ »