« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

M2-1028 復活作業進捗_外装編

いよいよ、メンバーやアーム関係も装着されまして外装の装着がはじまりました☆

今回、フロントバンパーはガレージベリーさんのTYPE-Nを採用。
銀号とお揃いですね♪
しかし、相変わらず出来が良すぎる。
フィッティング段階で穴位置もバッチリ合ってますし巣穴もなし。
このクウォリティーのエアロは、そうお目にかかれませんね。
流石です、ベリーさん。

エアロは、まずは仮止めです。

201609281

加えてベリーさんのアンダーパネルも同時装着します。
初期状態は、ダウンフォースとルックスを両立する為にカットを前提として大きく出っ張った状態で出荷して頂きました。
う~ん、このままでいきたいくらいカッコイイ出面です。
私ならこのままかも(笑)
とはいえお客様の車両ですので出面はジェントルにさりげなく2cm程リップより出すデザインで提案させて頂きました。

201609282

ライトも程度の良い中古品をチョイスして装着します。
新品で購入すると片側5万円オーバーですからね。
今回のライトはバルブ交換可能なタイプになります。
流行りのLEDも交換出来ます。

201609283

201609284

201609285

201609286

大分完成に近づいてきました♪
この後、塗装作業に入ります。

お楽しみに!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C NBターボ6速ミッション交換作業進捗

NBターボ6速ミッション交換の下準備も大詰めになってきました。

今回、ミッションを降ろすにあたりフライホイール、クラッチも新品に交換しました。
この同時作業は後々のメンテナンス効率を考えると必須アイテムですね。

採用したのは、Miki Projectでも人気の定番商品である
マルハモータースさんの「フライホイールセット 28R-Light/CBD 強化カバー」です。
新型クラッチディスクCBD(カッパーブレンド)を採用したクラッチセット。
低温から高温まで幅広い範囲で安定したミューを発揮する画期的なディスクと圧着力を強化したカバー(600kg)のセットはサーキット走行まで網羅する優れた性能を確保。
また、高性能なアイテムにも拘らず、リーズナブルな価格に留めたマルハプライスも注目の逸品です。
フライホイールの「28R Type-C Light単品 ライトバージョン」は、4.4kgの軽量バージョンです。
パイロットベアリングも勿論新品交換です。

201609241

201609242

201609243

201609244

また今回のミッションにはシフトレバーが付いていなかったので新品を取り付けます。

201609245

中古ミッションですので各部の点検及びバックスイッチ、ニュートラルスイッチの動作確認。
そしてNAとNBで異なるハーネスの修正も行います。

201609246

クラッチのセンター出しも専用治具でキッチリと出してミッション搭載の準備が着々と進んでおります。

201609247

完成迄、あともう一息。
最後迄、丁寧な作業で頑張りますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C NBターボ6速ミッション交換作業進捗

オリジナルのNA5速ミッションを降ろしてみると案の定ハウジング内はオイルで酷い汚れでした。

201609221

エンジンのリア部もクランクのオイルシールから酷いオイル漏れでした。

201609222

ミッション交換は部品の交換も大変ではありますが、それに加えて洗浄作業がそれ以上に大変なんですよね。
ご覧のように酷いオイル汚れや、オイルパンやメンバーなど、どこまで徹底的に洗浄するかで作業時間が大幅に変わって来ます。
Miki Projectでは作業効率ではなくクウォリティー重視の作業を行っているので今回もかなりの時間を洗浄作業に費やしております。

洗浄後、クランクエンドのオイルシール交換と奇麗になったエンジンリア部がこちら。

20151220a1

201609223

ボルト類も1本1本丁寧に清掃を行います。
作業性を向上させると共に次回バラす時に開けやすくする為にもしっかりと行っておく必要があります。

201609224

201609225

ミッション交換時に意外と行われないのがフロントハウジング部のオイルシール交換です。
ハウジングをキレイに洗浄しても結局はオイルの出どこを止めないとメンテナンスにはなりませんからね。
今回のNBターボ6速ミッションも程度の良いミッションでしたが、やはりオイル漏れは発生していましたのでオイルシール交換と清掃をしっかりと行いました。
剥がして残った液体ガスケット(NAはパッキングがありますがNB6速は液体ガスケットでの取付です。)はスクレーパーで剥がして最後はオイルストーンでキチンと面出しします。

201609226

201609227

さあこれでミッションフロントセクションは無事に綺麗なりました。
作業はドンドン進みます☆
お楽しみに!!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C NBターボ6速ミッション交換☆

さて、ガレージでは NA8CにNBターボ用の6速ミッション交換作業がはじまりました!!

Miki Projectでは、NA系5速、NB系6速、NAにNCEC用5速トランスミッションSWAP、など様々なバリエーションのミッション交換に対応しております。

お客様それぞれの走るステージに合わせてご要望に応じてプランニングさせて頂きます。

2016091151

201609201

201609202

201609203

入らないミッションって精神衛生上よろしくないですよね。
出先でトラブらない為にも、早めの交換が宜しいかと思います。

通常のNB6速に比べてターボ用は強化されているとの噂ですが、
まずは使って印象を確かめましょう。

ブログ更新楽しみにしていて下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M2-1028 復活計画進捗☆

一時は、深刻なダメージを負ったM2-1028ですが、

201607041

着々と復活に向けた作業を積み重ねて、ようやく一番大事なベースとなる骨格の修理が完了しました。
オーナーさんのリクエストでコストをかけず、且つ元通りのパフォーマンスを発揮出来るよう復元したいとの難しいリクエストの中で選択したのはフロントパネル部は全て新品、作業的に非常に大変な左フロントのエプロン部は脱着交換は行わず板金修正とする事でコストとパフォーマンスの両立を達成しました。
一言に板金修理と言っても今回のケースでは非常に技術力を求められる作業ですが、職人さんが時間と手間と持てる技術力を最大限発揮してくれて原形を取り戻しました。

201609171

201609173

201609172

201609175

201609174

201609176

まだまだ作業は続きますが、一番の山場であったフロントセクションの骨格は出来上がりました。

オーナーさん、リクエストはきっちり進めておりますのでご安心下さい。
お時間はかかりますが、期待通りのマシンに仕上げてますのでもう暫くお待ち願います。

次はどんな姿をお見せ出来るか楽しみにしていて下さい(^^)/

大切なのは挑戦し続ける事、あきらめない事。

By 夢を形にするMiki Project☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C THE フロアー補強 PREMIUM☆

大人気のTHE フロアー補強 PREMIUM
NBターボ用6速ミッション交換で入庫中のNA8Cにを施工しました☆
ロードスターに乗ったらまず最初にやっておきたい基本剛性を飛躍的に改善する必須の逸品です。

2016091151

2016091152_2

2016091153

フロアーの状態は、やや荒れてるコンディションでしたが補修を行い補強プレートを取り付けます。
ここが潰れると強度も落ちてるんですよね。
みなさんのお車は大丈夫ですか?

2016091154

補強プレートを匠の技で今回も1点1点丁寧に溶接のビートを重ねていきます。

20160911511

2016091155

20160911510

2016091159

2016091158

2016091157

2016091156

これでリニューアルしたプラットフォームに変身です。

20160911512

ここから、錆止め塗装とコーキングを施工してしっかりとした下地処理を行います。
何事も基礎が大事ですよね♪

20160911513

ここまで段取りを重ねて最後はピッチ塗装で仕上げです!!

20160911514

ブログで書いてしまうと短いですが、この工程を約5時間かけて丁寧にしっかりと行います。
装着してしまえば、付いているかが分からない程の超ナチュラルな仕上がりです。

さあ、これからNBターボ6速ミッション交換が始まりますよ。
お楽しみに(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘇る Miki Special

復活中のM2-1028用のサスペンションのオーバーホールが完成しました☆

【Before】

かなりのダメージを受けてオーナーさん含めてブログの読者の皆さんも不安になられたと思いますが、

201607086

201607088

201607087

201607085_2

【After】

国内トップエンジニアの戸田レーシングさんの匠の技術によって新品同様に完全復活しました!!
オーバーホールにあたっては、全てバラして専門的な観点で1点1点丁寧に部品検査の上で交換部品を選定して厳密な組立によりコンディションを取り戻しました。

201609102

201609101

そして今回はバージョンアップしてスラストシートを追加しました。
スラストシートとは、走行時に発生するサスペンションのねじれ応力を逃がす事で足廻りそのものの負担を軽減しスムーズに動作させると共に耐久性を向上させる部品です。

201609103

今迄以上にしなやかなサスペンションとして生まれ変わりました。

201609104

サスペンション選択に大切なのは、製品のパフォーマンスはもとよりその性能を維持し続けられるかもとても大事なファクターです。
今やロードスターはメーカーもマツダさんもレストアパーツをリリースするなど国内外でも例の見ないロングライフなスポーツカーです。
その気になれば自分がカーライフをリタイヤするまで第一線で活躍することの出来る大事なバディーなんです。
ことサーキットライフでの醍醐味を左右するサスペンションには一番パフォーマンスを期待する部品ですね。
Miki Specialは、メジャーイベントでもトップを獲得するパフォーマンスをあなたがロードスターをおりるまで、比類なき最高のパフォーマンスを維持し続けられるバックアップ体制も確立しておりますので安心してご利用になれます。
つまりは、何度でも蘇る事の出来る不死鳥のような究極のサスペンションな訳です。

価格だけのつまらないサスペンションを選ばす、一生付き合えるサスペンションを選びませんか?

さあ、オーナーさん。
着々と進んでますので、楽しみにしていて下さいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M2-1028復活進捗 アーム編

確実に進んでおりますM2-1028の復活進捗。
今回は、アーム編です。

左側のアーム関係は全てダメージを受けているので、アッパーアーム、ロアーアーム、ナックルは全て交換します。
こういった時は、いさぎよく怪しきパーツは交換するのが正解です。

但し、アーム関係も今回はコストを下げる為に程度の良い中古を吟味してチョイスしています。
そして、このアームを1点1点丁寧に下地処理をしていきます。

201609042

201609043

201609041

ナックルも吟味した中古をチョイス。
これがまた新品が高いです。
こちらは車両取り付け後に塗装しますのでご安心を。
但し、フロントとリアのハブ&ベアリングはASSYで交換します。
駆動系は新品部品交換は必須です。

201609044

そして、ピロブッシュも全て新品をインストールします。

201609045

201609046

201609047

201609048

最後は、幾度も塗装を重ねて完了です☆

2016090411

2016090410

201609049

トータルコストを下げる為に中古アームは使いましたが、Miki Projectで仕上げてしまえば結果新品以上の艶と輝きの逸品に生まれ変わります。

かけるところにお金をかけて、下げるところは下げる。
しかし妥協は一切しない。
復活に向けた作業はまだまだ続きます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M2-1028作業進捗_メンバー編

さて、9月にも突入して地道にM2-1028の復活に向けた準備を進めております。

今回はメンバー編

新品部品は、かなり高額ですが今回は中古品をリメイクして装着します。

まずは初期状態。
経過年月なりの痛みはありますが、全体的には良さそうなコンディションです。

201609031

この状態から、まずは徹底的に下地処理を行います。
隅々まで磨きをかけて塗装に備えます。
兎に角、下地が一番大事ですからね。

201609032

201609037

201609036

201609035

201609034

201609033

そして、塗装作業を行います。
サスペンションアーム同様にメンバーも3度塗りでしっかりと塗装します。
塗料は、かなり艶の出るシャーシブラックです。

2016090310

201609039

201609038

無事に隅々まで時間をかけて最高の仕上がりになりましたよ!!
新品以上の艶と輝きにバッチリ仕上がりましたよオーナーさん☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »