« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

NA8 ブレーキオーバーホール(ファイナル☆)

NA8 ブレーキオーバーホールも最終仕上げです。
残りは、マルハモータースさんのステンメッシュホース取付とサイドブレーキ調整です。

201605221

201605222

サイドブレーキ調整はレバー部の調整ボルトで合わすのでなく、ワイヤーを一度全てのばしてキャリパー部の遊び調整をしてからワイヤーを調整して適正なストローク量を確保します。

取付が完了したら当たりを付ける為にテスト走行です。
この時期のテストコースは気持ちイイです。
オープンにして走りたくなりました。
今回も時間をかけてしっかりとメンテナンス出来たので満足いく仕上がりで納車出来ます。
オーナーさんお楽しみに☆

2016605223

201605226

201605225

201605224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8 ブレーキオーバーホール(その2)

(その2)

今回ピストンは前後マルハモータースさんからリリースされている新品に交換です。
やっぱり新品のピストンはスムーズさが違いますね。

201605211

201605212

合わせてフィッティング金具もマルハモータースさんからリリースされている新品に交換です。(純正部品設定なし)
こういった構成部品は組み上げた際のスムーズさが違うので出来るだけ交換をお勧めします。

201605213

201605216

サイドブレーキ調整用のキャリパー調整コマも新品に交換です。

201605214

内部の細かなパーツも洗浄とグリスアップをしていきます。

201605215

そしてブレーキマスターバックも新品に交換です。

201605219

2016052110

組み上がったキャリパーはこちら。
今回も手間は掛かりましたが満足いく仕上がりになりました。

201605217

201605218

ブレーキパットはお勧めの定番商品の信頼と実績のアクレさんを採用しました。
ブレーキローターも新品に交換です。

2016052111

2016052112

さあ残りはブレーキホースの取付けとサイドブレーキ調整です。
次回もお楽しみに☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8 ブレーキオーバーホール

最近ご依頼の多いブレーキオーバーホールです。
今回は、NA8Cのお客様です。

201605201

オーバーホールは大変地味な作業ですが大変重要な作業でので時間をかけてしっかりと行います。
また、オーバーホールは時間との戦いです。
どれだけ手間をかけられたか?
がクウォリティーに直結します。
手短にチャチャッとシール交換だけで済ませる事も出来るのですが、ウチではじっくりと時間をかけて行わせて頂いております。
仕事の質は下げたくないので。

201605202

NA8ですから距離も時間的にもかなり走り込んでいる訳でして汚れも蓄積されてます。
まずはトコトン洗浄です。

201605205

291695296

201605207

それから交換部品ですが可能な限り交換できる部品は交換するようウチではお勧めしています。
シール交換だけで安価に仕上げて気持ち的にオーバーホールをしたぞ!!
という達成感になりたい気持ちも分かりますが、車は正直です。
年式が経っているNAですからガタは確実に出てきてます。
同時作業で済ませれば部品代だけで済むのに、後々トラブルが出て再度修理となったり、オーバーホールしてもイマイチしっくりこないなんて良く聞く症状です。

エンジンのチューンにお金はかけなくて良いと思いますが、ブレーキにお金掛けてメンテしてあげて下さい。
エンジンが調子悪かったり、コーナリングが決まらなくてタイムが出なくても他人に迷惑はかかりませんが、ブレーキは自分の命、もしくは他人に迷惑がかかりますからしっかりとメンテしておきたいところです。

とりあえずバラしてチェックするとブリーダースクリューが案の定詰まってます。
ね、見た目じゃ分かりませんからスッキリ交換させてもらいます。

201605204

こっちが新品ですから(笑)

201405270006

キャリパーピストンも今回交換する事にしました。
純正では単品設定がありませんが幸いマルハモータースさんでリリースされているので部品があるうちに交換をお勧めします。
ここで一度交換しておけば、当面は交換する事はありませんからね。

201605203

とりあえず作業工程上、先に今回オプション作業で依頼されましたキャリパー塗装を行います。
簡易的なハケ塗りではなく、しっかりと1度塗装した後に1日置いてシッカリ乾燥させて2日掛けて2度塗り塗装致します。
とっても奇麗になりました☆

2016052010

2016052010_2

さあ、これから組み上げに入ります。
次回ブログもお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期オイル交換

半年5000kmでの定期オイル交換のお客様が来店して下さいました。

エンジンもお疲れになってきましたが、まだまだ現役でいられるようにベストなオイルをアドバイスさせて頂けると幸いです。

人間と一緒でいかにうまく付き合っていくか?
が必要です。

201605141

201605142

次回お会い出来るのは年末かな?
お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袖ヶ浦フォレストレースウェイ 会員に入会して来ました。

先日の袖森ワンスマのJoyFastさん枠に参加したのですがお客様のトラブル対応で走れなかったのでGW中に思いきってスポーツ会員に入会して来ました。

2016050702

2016050701

なんてたって下道で45分、高速で30分は魅力的なロケーション☆
加えて筑波2000よりもロングでテクニカルなコースは練習にもってこい♪
銀号では音量がクリアせず走れませんでしたがオレンジ号はオッケー牧場。
加えてノーマル同等の音量なのにφ60mのストレート構造のジェントルな仕様のワンオフマフラーのおかげで音量計測も85デシベルで楽々クリア。

201601297

201605023

今日も袖森にちょっとだけ行って来ました。
結果、真夏日のコンディションでなんとか21秒後半。
NB1ノーマルの195ラジアルでは今々はこんなところでしょうか。

2016050703

このコースは長いし複雑だし慣れが必要ですね。
今日だけで0.7秒もタイムアップしましたから、まだまだ伸びしろはあるかと思われます。
冬場に入れば1秒は勝手に上がるでしょうしね。
しかしフルノーマルエンジンのNB1は重いし遅い(笑)。
NA8CかNB2が欲しいですわ。
まずは今年のアタックシーズンで20秒台に入れる事を目標とします。

新参者ですが袖森諸先輩の方々どうぞ宜しくお願い致します(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA6CE パワーウィンドウメンテナンス

作業中のNA6CEのパワーウィンドウのメンテナンスです。
左窓はワイヤーが切れて完全に動かない状態。
運転席側もかなり渋い動きとなっていたので左右同時にレギュレーターASSY交換しました。

20160504_2

今回も採用したのはマルハモータースさんのP/W ドアレギュレーターASSYです。
この製品の最大の特徴は、純正では設定のないモーター付きであること。
また、製造を欧州の専門メーカーに委託しており、高い品質基準に加え、欧州車の特徴であるパワフルなモーターを装備。
従来の純正品に比べ大変スピーディなウィンド作動を実現しております。

この際に、そのまま取り付けるのではなくガイドにグリスアップも行い更にスムーズな動きが出来るよう一手間加えます。

20160505_2

201605067_2

これと合わせてドア ガイドレール カラーも交換します。
最初付いていたカラーは劣化して使用不可能なレベルでした。

201605061_2

201605062_2

ドアウェザーストリップも新品交換です。
ゴム類は同時交換を強くお勧め致します。
リフレッシュ感が全く違いますから。

取付にあたっては、窓の動きがスムーズに上下出来るようガラスが当たる個所にシリコングリスとスプレーを塗布します。
こういう細かな一手間の積み重ねで動き易さが各段に向上する訳です。

20160506_2

2016050602

ガイドレールも新品に交換します。
なかなか交換されない方もおりますが劣化して固着したグリスや錆びたレールは動きの妨げとなります。
安価な部品ですのでこの際交換しておく方が好ましいです

201605163_2

ドアスプリングも交換です。

2016050601_2

外観も大事なメニューでしてドアアウターモールも交換する事で車が新しく見えるようになります。

201510068_2

窓も長年の積み重ねで汚くなっているので奇麗に清掃します。

201605065_2

取り付け後のパワーウィンドウの動きはビックリする程速いです!!
ただ組み込むのではなく、どうすれば最適に組み込めるのか?
を考えて作業するのがポイントです。
作業効率ではなくクウォリティー最優先。
Miki Projectでは、そんな作業を常に心がけております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA6CE レカロTS-G装着

作業中のNA6CEも最終作業です。
最後の作業はレカロTS-Gの装着です。

このシートは背もたれも寝ていてサーキット走行だけでなくストリートのロングドライブにも最適なシートのです。
Miki Projectでも一押しのシートです。

201605068

シートレールはマルハモータースさんのレカロバケット用シートレール(ダブルロック)を採用。

2016050603

長期使用も考慮してサイドプロテクターもオプションで装着。

2016050604

シートポジションもバッチリ調整して取付完了です。

2016050605

メニュー盛り沢山で長期でお預かりしてしまいましたがようやく完成です。
時間をかけた分、完成度の高いロードゴーイング仕様のロードスターが完成しましたよ!!
楽しみにしていて下さい☆

2016050606

2016050607

2016050608


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8アライメント調整

GW中ですが元気にアライメント調整です☆

今回はご自分でご友人から譲って頂いたサスペンションを交換されてアライメント調整だけ依頼されました。
以前はサーキットも頻繁に行かれたようですが最近はストリートがメインとの事ですのでお勧めのデータで調整させて頂きました。

Miki Projectでは、ストリート走行向けのアライメント調整も豊富なデータで対応させて頂きます。

201605011

201605012

201605013

201605014

201605015

201605016

最新3Dアライメントテスターの詳細はこちらから↓
http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.mht

このテスターの特徴はなんといっても、その精度。
大手自動車メーカーの生産ラインにも導入されている設備でして
この状態で4輪が回転し実走状態でのアライメント調整が可能となります。
これ以上の信頼性のテスターはまずないでしょうね。
その設備で、豊富な経験で培ったノウハウを盛り込んでセッティングしますので
最高のパフォーマンスを発揮致します。

最高の設備による最高の技術でのサスペンションセッティング。
これがMiki Specialによるスペシャルセッティングです。

ストリートからサーキットマシンまで幅広く対応致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »