« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

NB2 イエロー スーパーストリート号 フォトギャラリー

完成したNB2 イエロー スーパーストリート号の写真です。

車検対応のリーガル仕様で最高の乗り味を実現します。

20140722001

20140722002

20140722003

20140722004

20140722005

20140722006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後はRECS

そして最後は、RECS(吸気系洗浄システム)でのエンジンリフレッシュです。
これ、本当に施工したお客様からは評判良いのですよ。
是非、お試し下さい。

内容的には高性能洗浄剤の洗浄効果により、インテークマニホールド、
吸気系バルブからピストンヘッド、シリンダーヘッド、
さらに、排気系バブルまで短時間で洗浄し燃焼状態を改善します。
これにより、有害排気ガスの低減、燃費改善、始動性向上、パワー回復、
振動低減、アイドリングの安定の効果を発揮します。

作業については、予約制となりますので、あらかじめご予約願います。

尚、同時施工として、洗浄系燃料添加剤の、フーエルワン。
燃焼効率アップの、プレミアムパワーもお勧めします。

【価格】
 RECS 5400円
 フィーエルワン 1728円
 プレミアムパワー 1728円

2014072201

204072202

2014072203

今回も、盛大に白煙を上げましたよ!

2014072204

2014072205

30万キロ分のアカをこれでスッキリ出来ましたよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 イエロー スーパーストリート号 アライメント調整

最後は、当方お勧めの最新3Dアライメントテスターによる最終調整です。
ストリート仕様でもサーキット仕様と同じ工程を踏んで最高のセッティングに仕上げます。

詳細はこちらから↓(価格は24000円に訂正)
http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.mht

このテスターの特徴はなんといっても、その精度。
大手自動車メーカーの生産ラインにも導入されている設備でして
この状態で4輪が回転し実走状態でのアライメント調整が可能となります。
これ以上の信頼性のテスターはまずないでしょうね。
その設備で、豊富な経験で培ったノウハウを盛り込んでセッティングしますので
最高のパフォーマンスを発揮致します。

201407221

201407222

こちらがリアの調整風景。

201407223

201407224

こちらがフロントの調整風景です。

201407225

201407226

この状態で、調整は、トー、キャスター、キャンバーを最大値迄振って
現状のコンディションを十分に把握した上で丁寧に作業を進めていきます。

このアライメント調整が完了したら最終実走チェックを行い作業完了となります。

同じサスペンションセッティングであっても、この作業を見ていただければ分かると
思いますが組み上げ方、仕上げ方で乗り味は別物になります。
納得のいくまで時間をかけて、最新の設備で調整されるからこそデモカーレベル
での仕上がりとなるわけです。

最後は、いつもの通りオーナーさんと一緒に試走を行って引渡しとなりました。
KONIはストリートでのマッチングが非常に良く、マイルドで突き上げ感の全くない
ロングランでも疲れないロードゴーイング仕様です。

サスペンションセッティングでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。
ストリートでも比類なきベストセッティングを施工致します。
きっと、あなたにベストなアドバイスが出来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROADSTER BROS. 発売中☆

R1GPも特集で出てます!!

201407151

201407152

201407153

ショウデンさんも出てますよ!!

201407154_2

皆さん、本屋さんへGO!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一難去ってまた一難

黄NB号、ブレーキ関係を一新して最後にフルードのエアー抜きをしたのですが、
フロントのニップルが抜けません。

しかも取れる気配がまたないし。
雰囲気的にはまた折れそうな気配も。
しかしキャリパー交換は避けたいし。
で、オーナーさんと相談しイチかバチかでオーナーさんご自身でトライする事に。
粘ること小一時間、手のひらで工具を小さな衝撃で叩き続けて無事緩みました。
この1時間の手のひらへのボディーブローはオーナーさんの手のひらの皮が
剥けるという代償となりました。
まさに身をもってこの車の作業の大変さを実感して頂いたという訳です。

結果オーライで、えがったえがった、という事で気分良くお帰りになりましたが、
この黄NB号がそんなに簡単に終わらせてくれるハズがなかった(笑)

緩んだニップルにホースを装着しエアー抜きを試みましたが、が、が、
フルードが全く出てこない。
ん、?

原因はコレ。
ニップルが固着して取れなかったのは前兆で、やっぱり固着の原因は酷い錆でした。
フルードが抜ける穴も完全に錆で埋まって見えないです。
これじゃあね。

2014071302

また部品注文追加です。
この作業、終わる気がしなくなってきた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 イエロー スーパーストリート号もMoty'sオイル

やっぱりエンジンオイルは、Moty'sで決まり!!

インストールしました☆

2014071301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏はやっぱりクーリング系を一新☆

進行中の黄NB、クーリング系も夏を前に一新しました☆

マルハさんの強化ラジエター(Newコア)+MARUHAシリコンホースセットを組み込んだセット。
ヒーターホース、78サーモスタット、LLCがセットされます。

201407133

201407131_2

201407132

今年の夏も暑いですよ。
オーバーヒートしてSTOPする前にインストールしては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーロック・ブレーキライン装着☆

NB2 イエロー スーパーストリート号にマルハモータースさんの
スーパーロック・ブレーキラインを装着しました。
これでブレーキタッチもカッチリとダイレクトなフィーリングに改善されます。
劣化したブレーキホースも危ないですからね。

201402153

201407124

201407125

あと、取り外し時に固着で外れなかったフロントスタビリンク。
結局切断して外しました。
また、ガタも出てブーツも劣化していたので新品に交換しました。

201407121

やっぱり新品は気持ちいいですね。

201407122

201407123

多少費用もかかりますが、劣化したパーツは思い切って交換するのも
長い目で見れば大事なメンテナンスですね。

これでサスペンション系はかなりリフレッシュされましたよ!!











| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 イエロー スーパーストリート号 サスペンション装着

NB2 イエロー スーパーストリート号に
KONIハイブリッドダンパー&ショコラのフルKIT
が装着されました。

全て新品アームにニーレックスさんのブッシュアジャスト スペーサーも装着されました。
ブッシュクリアランスがドンピシャのアームには、このスペーサーも
しっくりと装着されいい動きをしています。

201407091

201407092

201407093

201407094

こちらはフロントサスペンション。

201407095

201407096

こちらはリアサスペンション。

201407097

201407098

201407099

それとブレーキ関係も一新しております。
お気づきかと思いますがローターがペイントされております。
こちらはオーナーさんの力作。

現状、仮組みなので後程 1G状態で最終的に締め付けます。
その後、きっちりとアライメント調整に入ります。

試乗が今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新商品:減衰調整延長ケーブル

Miki Special専用の減衰調整延長ケーブルを新商品としてラインナップしました。
これに伴いNA/NB用のシャフトの先端形状をバージョンアップします。

201407071

この先端に調整用ドライバーが付いています。

201407072

そしてケーブル先端のノッチを回転させるとクリック感良くカチカチと
減衰を調整出来るという訳です。

201407073

シャフト先端はこんな感じで変更になります。

201407076

こんな感じでシャフト先端にケーブル取付られます。

201407074

201407075

基本的にはリア用と考えていいと思います。
特にリア助手席側ですね。
燃料ホースが邪魔になるでしょ。
これを改善出来ますね。
一本単位で購入可能です。
だからリア左だけはマストでご購入頂きたいですね☆

現在、M2-1028のMiki Special製作中のI様のはこの仕様ですからご安心下さいね。
(ケーブルオプションで追加お待ちしております)

尚、NC用は現行品のまま取付可能です。
早速オーダー頂きましてご装着頂きました。
かなり気に入って頂いております。

201310144

201310143

どうぞ宜しくお願い致します。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

折れたビスの救出

前にも書きましたが、黄NB号には以前の作業で折れたままのビスが多数あります。
勿論私の作業じゃありませんよ(笑)
そのままなので当然付いているはずの部品がプラプラになってたり留まってなかったり。

今回私のこの車の作業をして気持ちは分かりました。
だって下廻りのビス、ボルト関係は本当に腐食がひどく取れない、
もしくは直ぐにポロリと破断してしまう事があまりにも多いから。
私も心が折れるくらい嫌になりましたが、以前の作業でもそうだったんでしょうね。

けどです、見ちゃったり触っちゃったからには見なかった事には出来ないのが私。
この車にとっては喉にひっかかった魚の骨みたいなもんでしょうから抜いて欲しいはずです。
ですのでかなり時間はかかりましたが全てビスを立て直して復帰させました♪

こちらが折れたままのビスの一例。

201407051_2

まずはセンターにポンチでマーキングしてから徐々に様々な径のドリルで揉んでいきます。
場合によってはエンドミル的な刃も使ったりして。
そして穴が開いたらタッピングでネジを切っていきます。
一言でいうと簡単ですがものすごく手間のかかる作業です。

201407052

201407053

201407054

奇麗になったネジ穴。

201407055_2

すっきりしました。
こういう手間のかかる作業も一つ一つ大事に処理していきますので
どうしても時間がかかってしまいます。

全てはお客様とロードスターの為ですから努力は惜しみません。
こういった作業でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »