« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

R1-GRAND PRIX 2014開催決定(2014/2/8土)

年に一度のロードスターの祭典。
R1-GRAND PRIX 2014が、来年2月8日(土)に筑波サーキットコース1000
にて開催が決定しました!!
詳しくは、ホームページのトップページよりご確認願います。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/index.html

本日(11/1)より募集を開始しておりますので、皆様お気軽にご参加願います。

きっと、最高の笑顔にそこで出会えるはず♪
どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お買い物♪

●facebookブログも好評配信中!!

  「いいね」も是非クリックしてくださいませ♪

  https://www.facebook.com/pages/Mikiproject/493159250781052

●最近、気がついた物をちょくちょく買うよにしてます。

後にしようって思ってると、なかなか腰が重くなって
結局は買わず終いって事がほとんどなんですよね。
そういうの結局は困ったりするもので、
よくないなと思い、最近は積極的に気になった時点で買ってます。

今週もそんなお買い物してます。

まずは、予備のドラシャ。
4月の日光でドラシャが折れて不動車になった事もあり、
予備で持ち運ぶように1本買いました。
なにげなく見た某オクでNB用が1本1000円で落札。
買いでしたねコレ。

201310303

お次は、2寸管用のインナーサイレンサー。
最近は大人になったのか、年をとったのか極力うるさい事は
避けたくなりました(笑)
移動で動かす際にずっと欲しいなと思ってた一品。
作り込みはすごく綺麗です。いつもながら感心します。

201310301

201310302

これからも楽しみながらお買い物していきますよ!!
Let's enjoy shopping!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

205☆

進行中のNB2ですが、
今までの195から205にタイヤをスイッチしました♪

195カップ仕様というしばりもいいですが、絶対的なグリップでいえば、
幅は広いにこした事はありません。

タイヤは同じく ZⅡ です。
これだけで、コンマ数秒タイムアップは確実!!

こちらもまた楽しみな秘策です☆

201310281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なり振り構わず

やってます。
まずは、転がせるようにしないとね。

最終的には綺麗に仕上げますが、
進化の過程では、男には時には大胆な技も必要かと。

荒削りでも構わない。
いまは。

GTウィングのボディー直結で開かなくなったトランクも
ザクザクと今日はカットしました。

20131027m1

20131027m2

これでとりあえずトランク開くようになりました♪

20131027m3 

また一歩走れるように近づいたぞ☆
まだまだ頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 フルピロアーム組立完了☆

残りのフロントアッパーアーム、リアナックルのピロ交換も完了しました。
アーム塗装も完了し、すっかり綺麗にリフレッシュしました。
今迄とは見違えるようです♪

201305057

201310271

アッパーアームのブーツも新品交換。

201310272

フロントロアーアームのボールジョイントはガタが出ていたので新品に交換しました。

201310273

そして、ようやくボディーへの装着が完了しました。
カムボルトについても今回新品へ交換。

201310274

201310275

201310276

201310277

201310278

この後は、スタビライザー交換、最後のサスペンション装着に進みます。
是非、お楽しみに!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GTウィング 強化対策

●facebookブログも好評配信中!!

  「いいね」も是非クリックしてくださいませ♪

  https://www.facebook.com/pages/Mikiproject/493159250781052

●さて、銀号のアップデートを徐々に進めております。

  N2仕様と同時にバージョンアップしたGTウィング。
  取り付けもハイマウント化して、ダウンフォースも増加しました。

201310223

  しかしながら、その恩恵とは裏腹にマシンへのダメージも大きく増えました。
  その結果がこれ ↓

201310224

201310225

トランクへの取付けステーは、走行の度に幾度となく亀裂が入る状況になりました。
完全に強度不足ですね。
トランクサイドへのボディー直付けも考えましたが、所詮薄板のボディーですので
いずれは同じ目に合うかと思い、思い切ってこの位置に取り付けました。
トランクフロアーから取付けするのが一番理想でしょうが、
ステーの長さも増えますし重量の増加にもつながります。
オーバーハングの重量増加は少しでも避けたいので、
強度的にも十分なこの位置となった訳です。 ↓

201310221

201310222

写真で見ればすっきりしてますが、この加工だけでも一日かかりで大変でした。
でも、おかげでこれだけのハイマウント&幅広ウィングながら、
取り付けは、カッチカチになりました。
ダウンフォースもキチンと受け止めてくれる事でしょう。

トランクは、使いにくくなりましたが性能重視で頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 フルピロ組立中

着々と進んでおります。
NB2のフルピロ組立。

今回のメインの作業の1つである、フルピロの組み立てに入りました。
ここで、あらためてフルピロの効果について簡単に説明しますと
まず、ノーマルブッシュでの硬度のやわらかいゴムブッシュでは
たわみが大きく、アライメント変化が大きい為に特にコーナリング時の
唐突な挙動や不安定な姿勢の変化が起きてしまいます。
また、リアに関してはトーコントロールが発生しリアの不安定な動きを誘発します。
特にサーキットではこの症状が顕著に発生し、コントロール性が損なわれます。
そこで、強化されたブッシュに交換するのですが、うちでは強化ゴムやウレタンでは
なく、圧倒的にフルピロ採用率が高いです。(というか、ほぼフルピロですね)
その効果は、なんといってもピロ化によりアライメント変化がほとんどない事と
アーム類のスムーズな動きにより、とてもしなやかでダイレクトなハンドリングを
得られる事に加え、非常に車の「どっしり感」が出ると言う事ですね。
よく、巷の都市伝説的な話で、フルピロにするとガチガチになって乗り心地が
悪いとかいいますが、あれは全くのデタラメだと個人的には思います。
(※ハンドリングは、個人的なフィーリングなのであくまでも各個人印象により異なります)

また、一昔前のピロとは異なり最近のピロは格段に性能が良く、耐久性、耐水性も
良く信頼性が高まっております。
例え強化ゴムブッシュでさえ、経年劣化が起きるのですから、それと比較してもフルピロ
は耐久性にも全く見劣りしないと思います。

最近のスポーツカーや高級車の一部でもコストが掛かってでもパフォーマンスを得る
為にピロを採用している事を考えると、その効果は分かると思います。
前置きが長くなりましたが、それではフルピロの組み立て作業のレポートです。

今回採用したのは、うちの定番であるノプロさんのところのパフォーマンス・ピロブッシュセットです。

201212022

組み立てに関しては、アームと受け側のボディー側とのクリアランスを均等に
最適化するように組み立てを行っているので正直手間は通常作業の2倍から3倍かけて

納得のいく作業を行わせて頂いております。
同じ部品でも組み手により、その出来栄えは変わります。
一切の妥協をせずに、デモカー以上のマシンを組み立てる。
そのモットーで作業を行わせて頂いております。

まずは、リアのアッパーアームから、

201305051

ボディー側とのクリアランスも組んでは確認し最適なポジションに会わせこみます。

201305052

こちらは、リアのロアーアーム。

201305053

1点1点、確実にクリアランスを合わせこんでいきます。 

201305055

201305056

組み上がったリアのアーム類です。
とても綺麗で制度ある組み上がりとなっております。

201310212 

201310211

さあ、ドンドン組立を進めます!!
お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀号ブレーキ アップデート

久々の銀号ネタです。
時間が全然取れず、気がつけばもうこの時期。
ピッチをあげて合間を見つけて作業を開始します!!

まずはブレーキ。
17インチにしてから、全然足りなくなりました。
まあ、あれだけ大きいホイール転がしてますので仕方ないです。

前回、これ↓

201306236

のインストールを試みましたが、ちょっとデカすぎたので
こちらは、もう100psくらい乗せてからの対応ですかね(笑)

でもって、本命のブレーキが手に入りました。
NB後期のブレーキキャリパーです。
ローターは新品で既に手配中。

早速オーバーホールです。
ホントは、せっかくなのでキャリパー塗装もしたいんですが
今はそんな余裕は全くなし。
実用的な部分で、シール類のオーバーホールだけキッチリと行いました。
これでスッキリです。

201310171

洗浄とグリスアップも丁寧に行いまして、
とりあえず完成です。

201310172_3

明日にはローターも到着予定。
これで日光の裏ストレートエンドもしっかり止まれるといいな。

正直、ロド天はあと1ヶ月では2013年アタック仕様の構想全てをどこまでやれるかはわかりませんが、
出来るところまで無理をせず諦めずに頑張ります。

昨年はタイヤに泣かされ、色んなチャレンジとデータを収集しました。
けれど、これが今のセットアップスキルに生かされているのだと思います。
トライする事に無駄な事なんてないんですよね。
大事なのは、苦労を自分のこやしに変えること。
決して諦めないこと。
自分を信じて努力すること。

最初に言っておきますが、今シーズンの本番は年末から年明け頃になると思います。
それまでは、テストを重ねてデータ取りですね。

今シーズンも、常にポジティブにアクセル全開で進みます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 アーム塗装

NB2の下処理が済んだアーム類の塗装作業が完了しました。

【Before】
 塩カル等の影響でNB2にしては、かなりダメージを受けていたアーム類。

201310132

【After】
 しっかりと1点1点下処理を行い、シャーシブラック塗装を施工します。
 塗装は重ね塗りを行いピカピカなアームに変身しました。

201310151

201310152

201310153

201310153_2

201310154

201310155

ブッシュ交換にも意味がありますが、NB2といえども10年選手以上のコンディションです。
アーム類に関しても、これから10年乗れるようにしっかりとリフレッシュしたいところです。

Miki Projectでは、ブッシュ交換の際にはこのしっかりとしたアーム塗装がスタンダード
作業となっております。
クウォリティーの高さが選ばれる理由です。

NA/NBともにブッシュ交換がまだな方は、メンテナンスの時期ですの
大切な愛車の為にリフレッシュしては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NCシェイクダウン in 茂原ツインサーキット

Miki Special NCバージョンを装着したNCが、
今日茂原ツインサーキットでシェイクダウンしました。

201310141

201310142 

201310143

201310144

201310145

201310146

トラブルもなく、当初目標としたプログラムを着々とこなし、
まずまずのタイムでプログラムを終了。
これから更にタイムを伸ばしていきます。
縁石の乗り越えも非常に安定しています。
フロントの旋回性も向上し、NCらしいトラクションの良さが
十分に生かされています。

201310147

201310148

201310149

2013101410

2013101411

冬場のアタックシーズンに向けて、今から楽しみですね。
NCのサスペンションでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 アーム洗浄、下地処理作業

塩カルの被害とご自宅が海辺近くでの車両管理により、アーム関係に錆が生じております。
フルピロ装着前に取り外したアーム全てを丁寧に洗浄と下地の処理をしていきます。

オリジナルの状態では、このように特にロアーアーム側に、多く錆が発生しております。
比較的年式の新しいNB2でめずらしい光景ですね。

201310131

201310132

201310133

全てのアームをサンディング処理と、ワイヤーブラシ等により、細かな場所まで
隅々錆と汚れを除去していきます。

201310134

201310135

201310136

201310137

201310138

201310139

2013101310

2013101311

2013101312

2013101313

かなりの手間をかけてようやく1台分の処理が完了します。
同じブッシュ交換でも、どこまで手間をかけて組み上げるかで
作業のクウォリティーは大きく違ってきます。
滅多に手をかけない部分だからこそ、十分な時間と手間をかけて
愛車をリフレッシュしたいところですよね。

うちでは、ブッシュ交換の際は全ての車両に同じ作業のクウォリティーで施工します。
これが、Miki Project流のスタンダードです。

さあ、次はアーム類の塗装作業に進みます。
お楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 ブッシュ バラシ作業

201310121

NB2のフルピロ化に向けた、ノーマルブッシュのバラシ作業が進みます。

リア ロアーアーム。

201310122

201310124

フロントアッパーアーム。

201310123

フロント ロアーアーム。

201310125

ようやく全てのノーマルブッシュが取り外し完了しました!!

201310126 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2足バラシてます

進行中のNB2の足をバラシてます。
ところが作業を進めていきますと、フロントのロアーアームのボールジョイントに
ガタが出ているのと、ブーツが傷んでおりグリスも出てしまっていました。

201310091

また、アッパーアームのブーツも傷んでおり、全て交換対応したいと考えております。

201310092

この辺は、消耗部品と考えて交換しておきましょう。

ノーマルブッシュ取り外しがドンドン進んで行きます。

201310093

各部品をチェックしながら慎重に進めます!!

201310094

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Facebook はじめました!!

ホームページのトップページからも入れますが、

Facebookをはじめました!!

https://www.facebook.com/pages/Mikiproject/493159250781052

こちらからもブログと合わせて情報発信して参りますので

皆様どうぞ、ご活用くださいませ。

これまで以上に、Miki Project をどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は

NA8Cの納車でした。
約1ヶ月かけてじっくりと制作したマシンです。
まあ、毎回これくらい時間をかけて制作するので
完成度には満足しております。

昨夜は、オーナーさんとテストコースでシェイクダウン。
色々と生の現場で、マンツーマンでレクチャーして最後は引渡し
というのがウチ流の納車です。

今日は早速茂原で走行されたようです。
今年のアタックシーズンが楽しみですね。

201310071

さてさて、昨日は別なサスペンションも仕上がってきました。
今回は、Sタイヤ用でリアのスプリングをオーナーさん独自のセットアップ
でためされるようです。
で、今回はリアのボトムブラケットをちょっと特注しました。

201310072

201310073

ここは分かる人にしか分からなくていいところです(マル秘)

20110074

オーナーさん、本日発送しましたよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 フルピロ交換始めてます

NB2ですが、フルピロ交換を進めております。
まずは下回りのチェックをしたのですが、これがまたNB2だというのに
らしからぬ錆が出ています。
どうやら、箱根の塩カルと海辺の自宅の駐車環境が原因かと。
塩カルはかなり影響出ますので、やられてしまったら倍返しくらいの勢いで
洗車してあげましょう♪

201310051

201310062

201310063

予定より、少し時間をかけてしっかり組み上げるよう予定変更です。
今回もしっかり仕上げます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NB2 作業進捗

富士ショートをメインに走られるNB2のサスペンションセティングですが、
まずは、195/50/15から205/50/15へのモデファイも行う為に加工に
出していたフェンダーの前後ツメ折作業から戻ってきました。

201310021

当方では、爪折は提携の専門板金工場に出しております。
特にNAはご存知の通り塗装が非常に弱く、安易な叩き作業ではすぐに
塗装が割れてしまいます。
ですので、信頼の出来る職人さんに加工を依頼しております。
但し、作業金額は通常の爪折り作業と同じに設定しておりますので
安心してご依頼下さい。

201310022

201310023

既にタイヤも入荷しております。
今回もZⅡです。サイズは205。

201310024

さあ、まずはフルピロ交換作業から始まりますよ!!
お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C サスペンションセッティング完成☆

結局、納得するまで幾度となく毎晩実走セッティングを行った
今回のNA8Cですが、ようやく納得出来るセッティングに決まりました。
一切の妥協はありません。

最後は、最新の3Dアライメントテスターで極限の精度での調整を行います。
詳細はこちらから↓
http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.mht

このテスターの特徴はなんといっても、その精度。
大手自動車メーカーの生産ラインにも導入されている設備でして
この状態で4輪が回転し実走状態でのアライメント調整が可能となります。
これ以上の信頼性のテスターはまずないでしょうね。
その設備で、豊富な経験で培ったノウハウを盛り込んでセッティングしますので
最高のパフォーマンスを発揮致します。

201310011

201310012

こちらが、リアの調整風景。

201310013

201310014

こちらが、フロントの調整風景です。

201310015

201310016

201310017

この状態で、調整は、トー、キャスター、キャンバーを最大値迄振って
現状のコンディションを十分に把握した上で丁寧に作業を進めていきます。

このアライメント調整が完了したら最終実走チェックを行い作業完了となります。

同じサスペンションセッティングであっても、この作業を見ていただければ分かると
思いますが組み上げ方、仕上げ方で乗り味は別物になります。
納得のいくまで時間をかけて、最新の設備で調整されるからこそデモカーレベル
での仕上がりとなるわけです。

思いのままのステアリングフィール、限界まで高められたグリップ力。
ウェットでも抜群の走行性能を得るスタビリティー。
オンザレール。
まさにその言葉がふさわしい、究極のパフォーマンスを発揮します。
全ては、Miki Special ありき。
その懐の深さにいつも感動させられます。

マシンを信じて、あとはアタックするのみです。

最後は、週末残りの冷却関係のメンテを行い引渡しとなります。
オーナーさん、お楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »