« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

遠回りしたけど

こいつに戻ってきました。

201307301

201307302

17インチ化に伴い、タイヤを変更したけど絶対的なグリップ力が足りず
その実力を発揮出来なかった昨シーズン。
ウォーマーまで導入したりと、あらゆる手段を用いてその可能性を探りましたが
根本的にどうにもなりませんでした。

けど、遠回りして得られる物も多くありました。
必死に格闘したアライメントデータ、エアー圧、ドライビング、全てはじめから見直したお陰で、
今迄見えなかった物が見えてきました。
その副産物も見方につけ、今シーズンはこのタイヤでアタックをかけます。
これで真の17インチのパフォーマンスがはっきりするはず。

エンジンパワーは、今回上げません。
やっぱりコーナリングスピードに拘りたい。

MAXIMUM ATTACK ゼンカイ

一年365日のうちの、わずか38秒に全てをかけて全力でアタックします。
一瞬の輝きだけが全て。

チューニングに終わりはない、終わらせる事は出来るけど。

とりあえずは、USEDを用意したのでシーズンインにはこいつで試します。

待ってろ、日光!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NCサーモ&クーラント交換

NCに前回ご紹介しましたクーリング関連のパーツの交換を行いました。

一つ目は、Moty'sさんのクーラントM747 [ RACING SPEC ]。

201307271

高温・高負荷条件下にさらされるあらゆるモータースポーツ用のクーラントとして
開発された製品です。
この高温・高負荷条件にさらされる過酷な条件下での高い冷却性能を実現する一方で、
ー34℃というレーシングクーラントとしては、まれな凍結温度をも確保、
オールシーズンタイプのロングライフクーラントとして仕上げています。

「冷やす」という意味では高い評価を得ている商品です。

まずは、クーラントをしっかりと抜きます。

201307272

201307273

そして抜き終わったら、何度かクリーニングを実施しました。

また、今回はノプロさんの「NC用 78℃開弁サーモスタット」を装着します。
クーラントを抜いたところで、サーモを外します。
NCは、NA/NBと違って入りくんだ所に付いているので、インテークとスロットルボディー
を外しての交換作業となります。

こちらが、交換する「NC用 78℃開弁サーモスタット」です。

201307274

201307275

左が「NC用 78℃開弁サーモスタット」、右が純正サーモです。

201307276

インテーク、スロットルボディーを取り外しサーモを交換します。 

201307277

201307278

みなさんのお車も、クーリング対策は大丈夫でしょうか?
今年の夏は特に猛暑なのでしっかりと対策しておきたいところですね。
どうぞお気軽にご相談下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽量化

今年のアタックシーズンに向けて。

軽量化を更に進めたいと思ってます。

内装はドンガラ、カーボンハードトップ、ワンプライの軽量カーボンボンネット、

などなど、アタック車両なので出来る事はやっていますが、

軽さを求めて更なる軽量化は必要ですね。

そこで、まずはここ1年ちょっとでいつの間にか増えてしまった体重の軽量化(笑)

1ヶ月で7kgの軽量化を見事達成しました(^^)/

いや~、最初は辛かったけど、慣れてきてからは体も軽くなってくるし、

いい事づくめで、みるみるシェイプアップ出来ました。

車でここから7kgの軽量化は、かなり大変ですからね。

夏の間には、ダッシュ撤去で更に10kgの軽量化見込み。

軽さはタイムに直結しますので、頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーリング対策

NCのクーリング対策として、下記の2つのアイテムを導入します。

まず1つ目は、Moty'sさんのクーラントM747 [ RACING SPEC ]です。

高温・高負荷条件下にさらされるあらゆるモータースポーツ用のクーラントとして
開発された製品です。
この高温・高負荷条件にさらされる過酷な条件下での高い冷却性能を実現する一方で、
ー34℃というレーシングクーラントとしては、まれな凍結温度をも確保、
オールシーズンタイプのロングライフクーラントとして仕上げています。

「冷やす」という意味では高い評価を得ている商品です。
やはり夏場は、クーラントにも気を使いたいですよね。 

201307171_2

2つ目は、ノガミプロジェクトsんの「NC用 78℃開弁サーモスタット」です。

純正のサーモスタットは排気ガス規制への対応やヒーター機能の効率化などの理由で、
開弁温度が82度に設定されています。

このサーモスタットは、開弁設定温度が78℃で、高温になった冷却水を早めにラジエター
へ循環させることで、中高回転を多用した走行においても、走行中の水温を
常時80~85℃程度に維持し、純正ラジエターでも最高90℃以下に維持する事ができます。

☆ 90℃を越えると発生する、エンジンの点火時期補正や燃調補正によるパワーダウンや熱ダレを予防でき、
より効率的にエンジンの持つポテンシャルを引き出せ、スポーツ走行やサーキット走行などを行う方に、お薦めの品です。

201307172

温度管理は、エンジンのコンディションを保つためにも非常に需要です。
ノーマルエンジンでも、是非気を使ってあげて欲しいですね。

暑い夏は、これでのりきりましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NBターボ フロアー補強

今回は、希少なNBターボのお客様にフロアー補強を施工させて頂きました。
静岡よりのご来店です。
ご遠方よりありがとうございました。

201307151

真っ赤なボディーカラーがとても綺麗でした。
ストリートカーという事でしたが、お手入れも行き届いておりまして
非常にコンディションのいい車両でした。
オーナーさんの思い入れが感じる1台でした。

201307152

純正のターボという事でコンパクトにまとめられていました。
こういうのも参考になりますね。

201307153

フロアーの状態も非常に綺麗でした。

201307155

NB2以降で、下記のような左右に連結するバーを装着されている場合には
こちらを取り外しての装着になります。

201307154

201101184

フロアー補給の詳細は、こちらを参照願います。
http://mikiproject.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-454c.html

1面40箇所、合計約160ヵ所もの溶接を1点1点丁寧に行いまして、
今回も納得のいく作業が出来ました。

取付後は、コーキング処理を行いまして最後にピッチ塗装を行います。
仕上がり後は純正のままと思えるような自然な仕上がりです。

201307156 

今回のお車にはオートエグゼの補強パーツが色々と装着されておりましたが
フロアー補給は、それ以上にボディー剛性の上げるのに有効なパーツで
今回もオーナー様に喜んで頂けました。

>街乗りしかしない私でも、大きなコーナーでのリアの踏ん張りが違うのを感じました。
>施工して正解でした

こんなコメントもご丁寧に後程頂きまして、
施工した私も嬉しい限りです。

NA、NB全車車両装着可能ですので、是非お試し下さい!!
もっと早くやれば良かったと、というお客様が本当に多いですので
どうぞ、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートエクゼ タワーブレースセット(MNB480)のリア側です

週末、フロアー補強に来られるお客様から、
オートエクゼ製のタワーブレースセット(MNB480)のリア側だけ注文出来ないか?
との、ご相談を受けました。

通常、ディーラーやパーツショップでは断られるのですが、
うちは、単品でも取り寄せ可能です。

今回は、こちら ↓
NBターボ用のパーツです。

201307111

201307112

201307113

これで剛性が期待通りに上がるといいですね(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NCサスペンション進んでます!!

まずは、取り付けも無事に終わりまして、
順調な仕上がりのNC用 Miki Special。

201307065

しかしながら、ここで妥協しないのがウチなんですよね。
オリジナルのサスペンションを胸を張って出すには、
細かな点も譲れないんですよね。

実際何度も限界走行テストを重ねた訳ですが、
自分なりに、あとこうすれば という改善案が検討の末に見つかりました。

201307105

組んではバラし、バラしては組んで。

201307106

201307107

201307108

201307109

2013071010

もう朝から晩まで、この足のことばかり考えては、にらめっこしっぱなしです。
でも、ナイスなアイデアがサクサクと出てきます。

とってもイイ感じです。

201307069

現時点でも、かなりイイ仕上がりですが、
という訳でバージョン2の製作に入ります!!

せっかくなので構造だけでなく減衰もチョット変えてみます。

サスペンションは、岡山に飛んでます。
イイ足出来ますよ!!
NCの皆さん、お楽しみに♪

足が仕上がってくるまでの間は、ブッシュ交換やら、クーラント交換など
他の作業も進めます。

201307034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NCセットアップ中です!!

NCのセットアップを順調に進めております。

まずは、仕上がってきたサスペンションキットの仮組です。

各部品仕上がってきたパーツを1点1点構造を確認しながら組み立てます。

201307061

スプリングの上下にはバネの動きをスムーズにさせるSwiftのスラストシートを
今回は装着しました。

201307062

ショックのネジ溝にもしっかりと潤滑剤を塗布して、
組み立て後のスプリングシート、ボトムブラケットの動きをスムーズにさせます。
また、こうしておく事で経時変化でもネジ部の動きの渋さも防止できるので
必ず行っております。
もちろん各部のグリスアップも忘れません。
こういう細かな気遣いが大事なんですよね。

こうして組みあがったサスペンション。

201307063

201307064 

201307065

こちらがフロントサスペンションの装着画像。

201307066

こちらがリアの装着画像になります。

201307067

一度組み付けてからは、各部のチェックを行うのに、
何度か付けたり外したりと入念に確認をおこなっていきます。
こういう作業は非常に大変ですが、本当に良いサスペンションを作ろうと
したら手を抜いてはいけない作業なんですよね。

201307068

一通りの確認が終わって、車高調整を行い実走チェックにはいります。
ここでは、ダンパーの減衰特性、バネレートとのマッチング、車の挙動など
沢山の項目を自分の手で全て感じて確認を行います。
走行チェックは、1度でなく数えきれないほど行います。
作業は深夜にいつも及びます。

201307069

ようやく一通りの確認が終わりまして、見直したい点の改善作業にはいります。

さあ、まだまだ頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NC用 セットアップパーツ

今回のNCのセットアップ用にパーツを揃えております。
私のやり方的に、無駄な物は付けない主義です。
出来るだけシンプルに車は造る。

但し、ツボは抑えて効果的なパーツは積極的に採用します。

そんな考えの中、揃えたパーツが入荷しております。

まずは、セットアップする上でアライメントの調整 及び 変化を抑えて
フロントの旋回性を高めるパーツです。

●フロントロアーアーム ピロブッシュ類
  1、フロントロアーアーム偏芯ピロ (キャンバー側)

201307051

  2、フロントロアーアーム ショック取り付け部

201307052_2

 3、フロントロアーアームピロ (キャスター側)

201307053

●ニーレックス ナックルサポート

201307054

201307055

これで、フロントのハンドリングは非常によくなりそうです。
装着後のレポートは、また後日致します!!

お楽しみに♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8C フロアー補強

今回は、以前はシルビアでサーキット走行をされていましたが、
1週間ほど前にNA8Cの乗り換えられたばかりのオーナーさんです。

ブルーメタリックが素敵で、まだまだノーマルに近い状態です。

201307041

201307042

しかしながら、ジャッキアップしてみるとフロアーはかなりベッコリを
凹んでおられました。
これは、買う前には見つける事は出来なかったそうです。

201307043

201307044

この凹みも丁寧に修正を行いましてフロアー補強プレートを装着します。

フロアー補給の詳細は、こちらを参照願います。
http://mikiproject.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-454c.html

1面40箇所、合計約160ヵ所もの溶接を1点1点丁寧に行いまして、
今回も納得のいく作業が出来ました。

201307046

201307045

取付後は、コーキング処理を行いまして最後にピッチ塗装を行います。
仕上がり後は純正のままと思えるような自然な仕上がりです。

201307047_2

今回は、同時にトーコンキャンセラーも装着を行いまして
非常にコストパフォーマンスの高い作業となりました。

201307048

リアのトー変化をなくし、ダイレクトな走行フィーリングを実現します。
特にNAロードスターは年式も古いのでノーマルブッシュは既にヨレヨレ状態
の車両も多くみかけます。ブッシュが手で抜けてしまう程へたった車両もございます。
リフレッシュという意味でも強くお勧め致します。
http://mikiproject.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/na-78b0.html

今回、サスペンションのご相談も受けたので現状をチェックしてみると
純正ビルシュタインは、よくあるケースですが既にオイルが吹き出して
抜けきっておりました。
サーキット走行を楽しまれるようですので、次はまずサスペンションの
見直しが最優先のようですね。

201307049

2013070410

この日は、NA、NB、NCと全てのロードスターが揃いまして
にぎやかなガレージとなりました。

2013070411

やっぱりロードスターはいいですね(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NCサスペンション セッティング 始まりました!!

週末にNCが入庫しており、
NCのサスペンションのセットアップ作業が始まりました。

201307033

201307034

今回、新規にNC用のサスペンションキットを開発しています。
味付け的には、大変高い評価を頂いておりますNA/NB用のMiki Special
同じフィーリングを目指します。

また、今回のポイントの一つとしてリアにφ75の直巻スプリングを採用しました。
このφ75のスプリングって、どこを探しても使いたいレート、サイズが揃った
ラインナップがないんですよね。
当初、スプリングのラインナップが豊富なφ70の採用を考えましたが、
NCリア特有のショックケースの干渉の問題などの懸念もあり、
検討を重ねた結果φ75スプリングの採用を決めました。
デリバリーの問題もクリア出来ました。
尚、φ75スプリングは、4kg 14kgまで2kg単位で幅広く対応可能です。

201307035

201307036 

まずは、リア周りからの装着チェックを進めています。

201307037

201307038

セットアップにあたっては、車高、アライメント、ジオメトリー含めて
様々なパーツ含めて入念に実走テストを重ね仕上げていきます!!

どうぞお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀号 ちょっとだけバージョンアップ計画

17インチ化による、ギア比のフィーリング悪化を改善する為に
6速ミッションを投入してみます。

201307031 

これまで日光の裏ストレートエンドで3速吹け切りだったところを
裏の高速コーナー立ち上がって4速に入れられるようにしたい。
15インチの時は、こんなレスポンスだったんですよね。
これに戻したいです。

いいタイミングで、NB6速後期のミッションを入手出来ました♪
暇を見つけて乗せ換えてみます☆

それと、もう1点。
ブレーキ。
色々と悩みましたが、ブレーキのキャパ、重量含めて検討し
これまたNB後期のブレーキにスイッチする事にしました。
これからオーバーホールして綺麗にして装着します♪

201307032

バッチリ目論見が当たるといいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »