« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

R1-GRAND PRIX 2012 申込み状況

R1-GRAND PRIX 2012 の申込み状況です。

既に、R-Jrクラスが満席となりました。
その他、クラスもかなり埋まってきている状況となっておりますので
まだ、お申込みされていない方はお早めにお申込み頂けますよう
お願い致します。

SPクラス    6/12台
R-SPクラス   9/12台
R-Jrクラス   12/12台(満席)
185-SPクラス 10/12台
走行会クラス  7/15台

お申込み、お問い合わせは下記の連絡先までお願い致します。

(連絡先)
 Miki Project
 〒293-0042
  千葉県富津市小久保2775-6
  三木 秀夫

  携帯:090-9392-0252
  EMail:mikina6bp@ybb.ne.jp

以上、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドラーズマガジン取材

R1-GRAND PRIX 2012 お申込み状況です。
募集開始から約10日ですが、既に半数近いお申込みがありました。
参加ご希望の方は、是非お早めにお申込み下さい。

【11/21現在申込み状況】   
 
SPクラス   3/12台
 R-SPクラス  5/12台
 R-Jrクラス  8/12台
 185SPクラス 8/12台
 
走行会クラス 3/12台

先日、アイドラーズマガジン誌の取材を受けました。
その内容の一つに当方大人気プランのフロアー補強です。
12月末発売ですので、どうぞお楽しみにしてて下さいね♪

201111211

この車両は、NA8CにNB2エンジンをスワップしたスパルタンな仕様です。
非常に完成度も高いです。
補強関係は、某補強パーなど必要にして十分な補強が既に施工されていました。

201111212

そこに更に当方のフロアー補強を施工しました。

201111213

今回もバッチリのクウォリティーの施工が行えました。
溶接作業もピカイチ。

201111214

1台分で約160箇所の溶接を終えて、コーキング処理、ピッチ塗装を
行って完了です。
今回も品質の高い施工を行えました。
オーナー様もこの剛性に非常にご満足されたようで良かったです。
ボルトオンパーツでは決して味わう事の出来ない施工ですので
是非、お試し下さい。

201111215

さてさて、フロアー補強の取材の後は銀号の取材です。
一通り取材を半日かけて行いました。

201111216

201111217

当日は、ライターさん、カメラマンさんがお越し下さいまして
丁寧に撮影されておりました。

201111218

201111219

銀号のボディー補強、サスペンション関係、エンジン関係と
全ての取材をして頂きました。

12月末発売なので楽しみにしていて下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルサスペンション紹介(Miki Special)

さて、来年2月4日(土)開催のR1-GRAND PRIX 2012の募集を
開始しております。
是非とも皆様ご参加下さい!!

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/index.html

201111171

お客様の車両に当方オリジナルのサスペンションキットである
Miki Specialを装着しました。
サーキットをメインに開発された本格サスペンションキットです。
銀号と全く同じ物ですので性能は実証済み。

201111172 

細かい説明は、下記の紹介ページを参照願います。http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/MikiSpecial/MikiSpecial.mht

201111173

こちらはピロアッパーマウント。
スプリングアッパーシートが独立しているのが特徴でこの機構が付いている
事が非常にサスペンションの性能を向上させております。

201111174

こちらが、全長調整用の専用ボトムブラケット。
ここが売りの一つで十分なストロークを確保しながら
他社では真似出来ない車高の低さを実現出来ます。(ベタベタまで可能です)
通常の全長調整式ではスプリングを遊ばせない状態で車高が
下がらないという問題が多く発生していますが、当方の全長調整機構では
そのような心配は一切ありません。

201111175

こちらが全長調整用ブラケットのアップ写真。

201111176

ボトムのピロボールブッシュです。
非常に高性能な部材を使用しております。

201111177

フロント側の装着写真です。
真っ赤なサスペンションが非常に美しいです。
この赤が走り心をかきたててくれます!!

201111178

こちらが、リア装着写真。
取り付けた後は、3,4時間かけましてビッチリとミリ単位での車高調整を
行います。
この車高調整が全長調整式だと非常に楽だし、精度の高い調整が可能となるんですよ。

201111179

サスペンションの取り付けが完了したら、忘れてはいけないのが、
いつも言っているスタビブッシュの洗浄とグリスアップです。
これで、固着したスタビが指1本で動くようなスムーズな動きに変わります。
こういったしなやかさが、乗り味に直結してきます。

さてさて、取り付けと車高調整が完了したら当方自慢の3D最新アライメントシステム
での調整です。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.mht

このお車は、今年5月に一度調整を行っておりまして今回が2回目の調整となります。

2011111710

アライメントが完了しましたら最終実走チェックです。
完成後の走りはというと、素晴らしいの一言。
以前装着していたサスペンションと比べると雲泥の性能の違いです。

お引渡しの後、筑波1000での走行に同行してダンパーセッティングを兼ねた
チェックに行ってきました。
オーナー様も非常にご満足の仕上がりのようで、
超楽しい~♪
とおっしゃってました。

やっぱりサーキットではNAでは最高のマッチングです。
是非、お試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく

R1-GRAND PRIX 2012の各ショップ様への開催案内資料の発送、、各クラブ様、例年ご参加下さっております方々へのメール連絡が完了しました。

お待ち下さっていた方々には、遅くなりまして誠に申し訳ございませんでした。

申込みの方は、順調に進んでおります。
ご参加希望の方がおりましたら、早めにご連絡をお願い致します。

以上、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX 2012 開催のご案内

今回で第7回を迎えます、R1-GRAND PRIX 2012 を
下記の通り来年2月に開催する事になりましたのでご連絡させて頂きます。
詳細は、ホームページにて募集を開始致しましたのでご確認願います。

(ホームページ)
  http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/index.html

今回、募集クラスに関して変更点があります。
S-Jrクラス(Sタイヤ タイムアタック)を廃止して、
あらたに185CUPとして、185 SPクラスを新設します。
尚、今回このクラスを設けるにあたっては、
RSファクトリー STAGE 代表 田畑様のご了解も頂いております。

内容は、185/60/14の国産ラジアルタイヤ装着車対象です。
改造制限は設けません。
3本目を予選タイムアタックとして、4本目を12周の決勝周回レースとします。
但し、特筆しておきたいのは(参加される皆さんも十分ご理解下さい)決勝周回
では、故意と判断される接触、妨害については即刻失格(主催者判断)とします
ので十分ご理解とご協力をお願い致します。
レースといえども、R1-GPでは常識ある大人のレースをエンジョイする事を目的とします。
主催者側も十分配慮しますので、皆様安心してご参加下さい。
安全にレースクラスを楽しみましょう。(これ一番大事です)

R-Jr、R-SPクラスに関しては本年2011年開催時とクラス分け、スケジュール
も今年と同じですが、1点レギュレーションに変更点がございます。
今回2012年度は、使用タイヤについては、KUMHO ECSTA V700、V710 の使用を認めません。
これは、2011年度開催時にもご説明しましたが、今年一年このタイヤの性能、
動向を判断させて頂いて2012年度にはレギュレーションを検討するとお話させて
頂いておりました。
結果、タイヤ性能差が顕著に見られると判断した為に主催者側にて十分な協議を
重ねた結果、R1-GPでは2012年度は使用を見合わせる事としました。
(SPクラスは、KUMHO ECSTA V700、V710 の使用OKです)

このようなレギュレーションの変更に関しましては、正直なところ今後も新しく発売
される製品により都度協議を重ねる事になると思います。
これは仕方のない事で、R1-GPを参加しやすいイベントとして今後も継続し続ける為、
参加者の皆様のご意見も配慮した上で今後も判断していきたいと考えております。
どうぞ、ご理解とご協力をお願い致します。

今回も、皆様が楽しめるよう精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
また、皆様と大好きなロードスターでサーキットでお会い出来ます事を
心より楽しみにしております。

■イベント名 : R1-GRAND PRIX 2011
■開催日時 : 2012年2月4日(土)   9:00~16:00
■開催場所 : 茨城県 筑波サーキット コース1000
■参加費用 : 18000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

■内容 : ロードスターで、もっと気軽にサーキット走行を楽しんじゃおう!
       と言うのが主旨で開催する事になりました。
       なので、初心者から上級者までご自分の愛車で楽しめる走行会
       です。(長袖長ずぼんで参加出来ます)
       内容は、走行会クラス/タイムアタック付き走行クラス/周回レース
       付き走行クラス などご自分に合ったスタイルでサーキット走行
       を楽しめる様にしております。しかも、各上位3位まで表彰付き。
       募集台数は各クラス12台と余裕の走行台数となっています。
       (走行会クラスは15台)
       当日は、ショップ ブース展示等も企画しておりますので是非お気
       軽に参加して下さい。

■募集内容 : 各クラス チューニング内容は不問

       【走行会クラス】 15台 (フリー走行 20分×2本、15分×2本)
       【タイムアタック付きクラス】 
        フリー20分×2本、タイムアタック15分×2本
          1、R-Jr(ラジアルタイヤ クラス) 12台
       【周回レース付きクラス】 
        フリー20分×2本、タイムアタック15分×1本、決勝12週×1本
          1、185 SP(185/60/14 国産ラジアルタイヤ クラス) 12台
          1、R-SP(ラジアルタイヤ クラス) 12台
          2、SP(S/ラジアルどちらでも可 エキスパートクラス) 12台

■問い合わせ先:詳しくは以下を参照願います。
 
(ホームページ)
  http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/index.html

お申し込みは、エントリークラス、氏名、住所、電話番号、車名をご記入の上
Email:mikina6bp@ybb.ne.jp までお問い合わせ下さい。

(連絡先)
 Miki Project
 〒293-0042
  千葉県富津市小久保2775-6
  三木 秀夫

  携帯:090-9392-0252
  EMail:mikina6bp@ybb.ne.jp

以上、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX 2012 受付もう少しお待ち下さい

R1-GRAND PRIX 2012 の募集開始ですが準備が遅れておりますので
もう少しお待ち下さい。

より良いイベントを開催する為に準備中ですので、
お待たせして申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
今週末には、遅くとも募集開始予定です。

以上、宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロアー補強作業 M2-1028偏

M2-1028へのフロアー補強作業です。

201111071

今回のお車はかなりフロアーが潰れておりました。
今迄で一番潰れてましたねきっと。
ベッコリ床に張り付いておりましたから。

201111072

こんなコンディションでも成形してフロアー補強を取り付けます。

201111073_2

今回もバッチリ取り付け完了致しました。

201111074

オーナー様のインプレでは、ロールバーやNBガゼットとは異なった
剛性を体感する事が出来たととてもご満足頂いておりました。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://mikiproject.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-454c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロードスター作業日誌 最終章

作業がたてこんでおりまして、すっかりレポートが遅れました。

さてさて、NEWサスペンションのご紹介です。
ベースは、オーリンズ最新作のR&T(DFVの新型です)を採用し
スプリングはSwift製を採用したコンビネーションKitです。
主にストリートからサーキット迄対応したハイエンド サスペンションKitとなります。

価格は、当店キット価格で 249000円(税込み) となります。

201110311

とてもマイルドな乗り心地で、且つしっかりとしたハンドリング性能を発揮する
サスペンションシステムです。
R&Tとは、今迄のDFVをベースに特殊メッキ上に樹脂コーティングを施した
NZ-P加工を採用することで従来比3倍以上の耐蝕性を実現しています。
また、商品のイメージカラーは従来のゴールドからフォーミュラーカーや
ツーリングカーレースで採用されているショックアブソーバー同様の
チタニウムグレイへ変更となります。

http://www.carrozzeriajapan.co.jp/ohlins/4w/Release100806.html

このショックアブソーバーにSwiftのスプリングをコンビネーションさせております。
アッパーにはピロアッパーマウントを採用する事でマイルドでありながらダイレクト
なハンドリングを可能としております。

201110312

こちらはフロント用。

201110313

そして、こちらが全長調整用の可変ブラケット。
この機構のお陰でスプリングを理想のプリロードを保ちつつ自由自在の車高調整
を可能としてセッティングが行えます。

201110314

こちらが、Swiftのスプリング。ID65を採用しております。

201110315

こちらはピロアッパーマウント。
オーリンズ純正品で高精度な仕上がりです。

201110316_2

フロント装着画像です。
どうです、カッコイイでしょう。

201110317_2

こちらがリア装着画像です。
ストロークの厳しいロードスターのリア側でもスプリングが遊ぶ事なく十分な
ストロークが確保されつつ車高ダウンを可能としている優れたサスペンション
システムです。

サスペンション取り付けの後には、約3時間かけてミリ単位の車高調整を行います。
この車高セッティングも一つのキーワードでウチ独特のノウハウでのセッティングを
施工致します。
車高調整の後には、十分な実走行チェックとセッティングを繰り返します。
ショートサーキットレベルの走行とストリートでの両方を一晩かけてじっくりと実走します。
この工程があるからこそ当方で施工を行う意味があるのです。
ただ組み上げるだけではチェンジニア。当方は1台1台デモカーレベルでの仕上げを
行う、まさに車のオートクチュールというべき作業を実践しております。

そして、最終仕上げは当方自慢の最新3Dアライメントテスターでのアライメント調整です。
テスターの詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.mht

その贅沢な精度ある設備と蓄積されたノウハウに基づくセッティングをあますところなく
調整していきます。
この調整工程は出来るだけオーナー様に立ち会ってもらっています。
理由は、この精度ある工程でどれだけの作業をしているのかを目の前で確かめて
頂きご満足して頂きたいからです。

201110319

2011103110

この状態で4輪が回転し実走状態でのアライメント調整が可能となります。

2011103112

2011103111

このアライメント調整が完了したら最終実走チェックを行い作業完了となります。

同じサスペンション交換であっても、この作業を見ていただければ分かると
思いますが組み上げ方、仕上げ方で乗り味は別物になります。
このオーナー様も非常にご満足頂けまして私も苦労した甲斐があり大変満足して
おります。
当方では、2,3倍の時間をかけまして1台1台丁寧に作業をしております。
このクウォリティーをお求めになりたい方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

今回の作業日誌は、これで完了とさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX 2012開催報告

R1-GRAND PRIX 2012の開催報告です。

【日時】 2012年2月4日(土曜日)

【場所】 筑波サーキット コース1000

只今、募集開始に向けた準備予定です。
週末には、ホームページにてアップ予定です。

基本的な、イベントの内容としては例年と同じですが、
S-Jrクラスの代わりに、185CUP(周回レースを予定)を開催予定です。
詳細が決まり次第、ご報告させて頂きます。

各ショップ様、クラブ様への連絡も準備が整い次第、ご連絡させて頂きます。

今回も、とびっきり楽しいイベントになるよう精一杯頑張りますので
皆様、ご参加下さいますようお願い致します。

20110225syugou

201102203

201102251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »