« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

Miki Project オリジナルサスペンション キット リリース

Miki Project オリジナルサスペンション キット
「Miki Special」のリリースのお知らせをトップページにてさせて頂いております。
Miki Project 銀号に装着している完全オリジナルキットで、長年にわたるサーキットでの実績をもとに比類ない速さと安定感に自信をもってここにデビューします。
ご購入頂いた方には、100%このサスペンションを生かして頂けるように実践を踏まえて銀号でつちかったデータをアドバイス致します。
サーキットでの入門者からハイレベルの方まで様々なユーザー様にも仕様設定しますのでご安心してお使いになれます。
製作はレースのトップカテゴリーやチューニングメーカーとしても実力と経験とともに有名なTODAレーシング様に依頼しておりますのでクオリティーの高さは超一流です。
また、全てのカスタマイズをTODAレーシング様の自社工場にて行なえる為、様々な仕様変更やオーバーホールにも対応可能です。

【主な仕様】

■ スプリングプレロード&ダンパーストロークに影響を与えない可変ボトムブラケット車高調整機構式

■ ピロアッパーマウント、スプリングアッパーシート独立タイプを採用

■ 高剛性ピロボールアッパーマウント、ボトムピロボールBUSHを採用

■ スプリングのレートは設定変更可能(価格変更なし)

■ ø60直巻スプリング採用

■ オーダー時の設定変更(減衰力、バネレート)可能

■ 幅広いセッティングが可能な減衰力12段調整機能

2010年2月上旬リリース予定で、予定価格は 258,000円 (税込み)です。

ご予約も承ります。

詳細は準備アップデートさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ始動

ロド天以来、活動を控えてましたが、それは寒~い時期を待ってただけなんですよ(笑)

今週は寒波も来るらしいのでまさにアタックシーズン到来note

今年はガンガン サーキット走ってベストタイム更新を狙いますよ!!

今日は久々にガレージでサーキット走行に向けて準備を進めてました。

R1-GRAND PRIXの準備も着々と進んでいるし、オリジナルパーツのリリース準備も順調に進んでます。忙しくてなかなか紹介できてませんが、もうちょっと待ってて下さいねscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX ラジアルタイヤ レギュレーションについてのお知らせ

R1-GRAND PRIX 2010(2/13開催)のラジアルタイヤのレギュレーションについてお知らせさせて頂きます。
各クラスとも国内外で販売されている全てのラジアルタイヤの使用を認めております。
最近使用される方がおられるKUMHO(クムホ)タイヤの装着についてですが、今回の2010年2月13日開催のR1-GRAND PRIXに関しては検討の結果、使用を認める事にしたのでご連絡させて頂きます。

2011年以降のR1-GRAND PRIX ラジアルタイヤ レギュレーションについては、2010年度の動向をふまえて検討いたしましてレギュレーションを決めさせて頂きたいと思います。

尚、上記レギュレーションはホームページ上でアナウンスしております、レギュレーションに本日中にアップしたいと思います。
ご不明な点がございましたらご連絡頂けますようお願い致します。

以上、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

週末、茂原会員のお友達との忘年会を我家で行いました。
6時過ぎから開始して寝たのは朝4時頃(笑)
飲酒運転はもちろんNGなので、この日は我家でお泊り。

色んな話で盛り上がり盛り上がってとても楽しかったです。
また、来年も我家で忘年会を開きたいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルパーツ リリース予告

かねてより準備を進めてまいりましたが、Miki Projectとしてオリジナルパーツをリリースする事になりました。
近日中に概要だけはホームページでご報告する事に致します。
仕様がまとまり次第、順次情報をアップデートする予定です。
サーキット走行をターゲットに自信をもってリリースするパーツです。
今度のR1-GRAND PRIXには正式にリリース出来るように頑張りますのでご期待下さい!!


さて、今年も残すところ僅かとなりました。
明日は銀号も茂原ツインサーキットの会員仲間と我家で忘年会です。
今から楽しみです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »