親父の背中(独立編)

R1GP2018 エントリー受付中

大切なのは挑戦し続けること。アタックに終わりはない、自分を信じて。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/R1GP/R1GP2018/index.html

イベント名R1-GRAND-PRIX-2018
開催日時2018年2月17日(土) 9:00~16:00
開催場所茨城県 筑波サーキット コース1000
参加費用19,000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

【ブログ】

201712111


私の背中を追いかけて、

あんなに、幼かった彼が、

201712112


今年の夏に自動車免許を取りました。

これ迄は、軽自動車で練習させていましたが、

先日、そろそろかな?

と思い、横浜方面へハイレート仕様のサスペンションのシェイクダウンも兼ねてドライブさせてみました。

アクアラインを抜け、

201712114


ベイブリッジを目指しましたが、あいにく予想通りの封鎖でした(笑)。

そのまま、横羽で山下を通り抜け、

201712115


201712116


途中、ハイチューンな86を追いかけたりしてましたが、まあ今日は軽く流す程度という事で平和島PAで一休みして帰路につきました。

86を追いかけるのを横から眺めてて、ああ、俺のハンドリングに似てるなって思いました。

今迄は、彼がこの助手席で見てたんでしょうね。

201712113


201712117

次回は、首都高あたりを狙おうか。

いつでも、出撃OKです。

これからは、徐々に2名体制ですので、どうぞ宜しくお願い致します☆

PS:ロードスターって、アルミボンネットで初心者マークが付かないんでしたね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジ号 アライメント調整

R1GP2018 エントリー受付中

大切なのは挑戦し続けること。アタックに終わりはない、自分を信じて。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/R1GP/R1GP2018/index.html

イベント名R1-GRAND-PRIX-2018
開催日時2018年2月17日(土) 9:00~16:00
開催場所茨城県 筑波サーキット コース1000
参加費用19,000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

【ブログ】

オレンジ号のサスペンションの仕様に伴い、コーナーウェイト調整とアライメント調整を行いました。

まずは、水平出しされた治具上でミリ単位の車高調整を行います。

調整にあたっては、実走状態を再現する為に、車内にドライバーと同じウェイトを乗せて調整を行います。

2017120312

2017120311

車高調整が完了したら、次はコーナーウェイト調整です。

シュミレーションを重ねながら、今回もバッチリ理想のコーナーウェイトにセットアップ出来ました。

2017120313

最後は、最新のアライメントテスターによる最終調整です。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/image/araiment.htm

2017120314


2017120315


2017120316


全てのセットアップが完成して、妥協なきセッティングが出来上がりました。

仕様変更したサスペンションは、とてもいい感じです☆

なかなか時間が取れませんが、今シーズンは、テストも含めてガンガン走り込みたいです。

どうぞ宜しくお願い致します(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジ号 サスペンション仕様変更

R1GP2018 エントリー受付中

大切なのは挑戦し続けること。アタックに終わりはない、自分を信じて。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/R1GP/R1GP2018/index.html

イベント名R1-GRAND-PRIX-2018
開催日時2018年2月17日(土) 9:00~16:00
開催場所茨城県 筑波サーキット コース1000
参加費用19,000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

【ブログ】

オレンジ号のサスペンションの仕様変更を行いました。

今回は、バネレートアップとそれに合わせてリアのショートストローク加工と減衰力変更です。

201712031

今回、バネレートアップに伴いSwiftスプリングを採用しました。

これにより、ハイレートにも関わらず、非常にマイルドな乗り味になり、積極的に踏める足に生まれ変わります。

201712033

サスペンションは、分解してプリロード含めて細かにセットアップしていきます。


201712032


201712035

フロント、リア共にセットアップが完成して車両に取り付けです。


201712037


201712038


201712039


2017120310


お次は、アライメント調整です。

お楽しみに☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NA8Cブレーキオーバーホール

R1GP2018 エントリー受付中

大切なのは挑戦し続けること。アタックに終わりはない、自分を信じて。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/R1GP/R1GP2018/index.html

イベント名R1-GRAND-PRIX-2018
開催日時2018年2月17日(土) 9:00~16:00
開催場所茨城県 筑波サーキット コース1000
参加費用19,000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

【ブログ】
NA8Cのお客様のブレーキオーバーホールを行いました。

現在は、ストリート向けのパットが装着されておりましたが、
フルオーバーホールと合わせて、サーキット走行用に仕様変更させて頂きました。 
よく、車検の際にブーツしか交換していないのに、ブレーキはオーバーホールしてますので大丈夫ですと言ってくるお客様もおりますが、これだけじゃあオーバーホールとは到底言えません。
20年選手のマシンをメンテするのであれば、最低限全バラは覚悟しないといけません。

201711281

まずは、全て分解して内部確認を行います。

はじめに、フロントブレーキをバラして全て洗浄作業をおこないます。

201711282

201711283

次に、リアブレーキをバラして同じく洗浄作業を行います。

201711284

201711285

201711286

全ての洗浄が完了したら、キャリパー部品一式の塗装に入ります。
今回は、基本カラーのシルバーで塗装しました。
これだけで、見違える程キレイに仕上がります。

201711287

201711288

塗装が完了したら、オーバーホール部品を組み込みます。

201711289

2017112810

2017112811

オーバーホールの機会に交換出来る部品は全て交換しました。

ニップルも、全て交換しました。
取り外すと分かりますが、しばらく交換していないニップルは詰まっており、キャリパー接触面も腐食しています。
エアー抜き作業をした際のスムーズさは、各段に違います。

2017112812

ブレーキラインは、マルハモータースさんのスーパーロック・ブレーキラインを装着しました。

2017112814

ブレーキパットとブレーキオイルは、信頼と実績のアクレさんをインストールしました。

201311073

今回は、マスターシリンダーも新品に交換しました。

2017112813

サイドブレーキ調整もワイヤーを全て取り外してから、左右のバランスから取り直して基本に忠実に調整を追い込んでおります。

ブレーキローターも前後共に新品をチョイス。

2017112815

2017112816

これで、ブレーキは完全フルオーバーホールの完成です☆

日帰り作業では決して味わえない、クウォリティー重視の作業を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX 2018 開催のご案内(募集開始致しました!!)

R1-GRAND PRIX 2018 開催のご案内

大切なのは、挑戦しつづけること。
さあ、R1GPに参戦しよう。

下記内容にて、R1-GRAND PRIX 2018 を開催致します。
皆様、是非ご参加頂けますようお願い致します。

各ショップ様、メーカー様につきましては、別途詳細のご案内をご連絡させて頂きます。
本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

Bn2018r1gp_2

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/R1GP/R1GP2018/index.html

開催内容

イベント名R1-GRAND-PRIX-2018
開催日時2018年2月17日(土) 9:00~16:00
開催場所茨城県 筑波サーキット コース1000
参加費用19,000円(税込み、保険料込み、計測器付き)

募集内容

ラジアル タイムアタッククラス (ノーマルクラス+チューニングクラス 合計36台)
 ・フリー走行 15分 × 2本、タイムアタック 15分 × 2本
 ・自己申告タイム順に走行枠を分けます
 ・各クラス別 タイム上位3位まで表彰 ※1

ラジアル レースクラス (ノーマルクラス+チューニングクラス 合計24台)
 ・フリー走行 15分 × 2本、タイムアタック 15分 x 1本 、決勝レース12周 x 1本
 ・ タイムアタック / 決勝レースともにタイム順に走行枠を分けます
 ・ 各クラス別 決勝結果3位まで表彰 ※1

185レースクラス (ノーマルクラス+チューニングクラス 合計12台)
 ・フリー走行 15分 × 2本、タイムアタック 15分 x 1本 、決勝レース12周 x 1本
 ・ 国産ラジアル185/60/14サイズを装着していること
 ・ 各クラス別 決勝結果3位まで表彰

【車両別クラス区分】
ノーマルクラス:エンジン本体、制御系本体が純正。 但し、NA6CE/NA8CはCPU交換可。
チューニングクラス:改造範囲不問

【使用禁止タイヤ】
KUMHO ECSTA V700、V710、V720 / TOYO R888R / BRIDGESTONE RE-06D / DUNLOP DIREZZA β02  / Zestino Gredge ※2

※1 1クラス12台を超える場合、表彰は参加台数の25%とする(例:24台の場合は6位迄表彰)。
※2 BRIDGESTONE 71R、横浜ADVAN A052 使用OK!
※タイムスケジュール・走行本数は、変更する場合がございます。

申込み方法

下記を記載の上、メール(E-Mail mikina6bp@ybb.ne.jp)でご予約ください。

件名 : R1-GP2018申込み
本文記載 :
 ①参加クラス(ノーマルクラス、チューニングクラスも明記願います。)
 ②型式
 ③氏名
 ④郵便番号
 ⑤住所
 ⑥連絡の取れる電話番号
 ⑦メールアドレス
 ⑧筑波1000のベストタイム(なければ他のサーキットベスト)

(連絡先)
 Miki Project 代表 三木
 〒293-0042
  千葉県富津市小久保2775-6
  携帯:090-9392-0252
  EMailmikina6bp@ybb.ne.jp
  ホームページ:http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1-GRAND PRIX 2018 開催のご連絡(近日募集開始予定)

以下の日時にて、R1GP2018を開催致しますので、
皆様、是非ご参加頂けますようお願い致します。

現在、募集開始に向けて準備を進めておりますので、
もう暫く、お待ち願います。

募集開始については、本ホームページにて正式にご案内させて頂きます。

■イベント名 : R1-GRAND PRIX 2018
■開催日時  : 2018年2月17日(土)
■場所     : 筑波サーキット コース1000

大切なのは、挑戦しつづけること。
さあ、R1GPに参戦しよう。

http://r1-gp.smack-one.com/

Comming soon☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOTY'sオイル交換☆

お客様のお車にMoty'sオイルの交換をさせて頂きました☆

今回もエンジンオイルはM113をチョイス。
Miki Projectでも人気ナンバーワンのエンジンオイルです。
このエンジンオイルは、価格はちょっと高めですが、優れたエンジンレスポンスと高い耐久性により、非常に高いパフォーマンスを発揮します。
当方では、サーキット走行3回での交換を推奨しております。
他の、やや高めのハイグレードオイルで1回のサーキット走行毎に交換する事を考えるとトータルコストでは、結果的にM113の方が断然だったりします。
目先の事よりも総合に考えた方が得策ですね。

201710271


201710275

デフオイルも合わせて交換させて頂きまして、オイル関係はリフレッシュさせて頂きました。


201710276

それから、今回お勧めの逸品は、M665というエンジンフラッシングオイルです。
非常に優れた洗浄性能でして、当方でもラッシュアジャスターの異音がかなり改善されたりという実績もございますので、是非オイル交換時にお試し下さい。


201710277

それと合わせて、エンジンオイルフィルターも交換致しました。
よく、アンダーカバーを付けたまま交換されている事例も見かけますが、NA/NBについては必ずメンバーやアンダーカバーにオイルがこぼれて汚れます。
当然、これらの汚れた部分もキチンと清掃する事は出来ませんので、完璧な作業を行う為にも、あらかじめアンダーカバーを取り外して作業する事にしております。

201710274



メンテナンスの基本は、オイル交換です。
マシンのコンディションを保つ為にも、経験豊富なアドバイスを元にしっかりとメンテナンスされては如何でしょうか?




201710278

オイル関係でのご相談にもドーンとお応えいたしますので、お気軽にご相談下さい。
どうぞ宜しくお願い致します(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RECS(吸気系洗浄システム)

NA8Cのお客様にRECS(吸気系洗浄システム)の施工を行わせて頂きました。

高性能洗浄剤の洗浄効果により、インテークマニホールド、
吸気系バルブからピストンヘッド、シリンダーヘッド、
さらに、排気系バブルまで短時間で洗浄し燃焼状態を改善します。
これにより、有害排気ガスの低減、燃費改善、始動性向上、パワー回復、
振動低減、アイドリングの安定の効果を発揮します。

尚、同時施工として、洗浄系燃料添加剤の、フーエルワン。
燃焼効率アップの、プレミアムパワーもお勧めします。

【価格】
 RECS 5500円
 フィーエルワン 1728円
 プレミアムパワー 1728円

201710271

201710272

201710273


まだ、一度も施工していないお車は、一度施工をお勧め致しますし、一度施工されたお客様も定期的な施工を行う事でお車のコンディションを保てます。

作業については、予約制となりますので、あらかじめご予約頂けますようお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタビライザー、トーコンキャンセラーのメンテナンス作業

サスペンションのオーバーホールと合わせて行うのが、スタビライザーとトーコンキャンセラーのメンテナンスです。

この手の部品は、一度付けたら一生物くらいに思っている方が非常に多いですが、大きな間違いです。

今回のメンテナンス作業も約2年ぶり。
これでも、前後スタビライザーは大人の手でも動かないくらい、ブッシュとスタビが固着しています。
これでは、いくら良い部品を入れても効果は得られません。

こちらが、メンテナンス前のスタビライザー。
一目瞭然、固着しております。

201710244

メンテナンス作業は、さっと、仕上げるではなくて、とにかくトコトン入念に洗浄してから摺動性の良いグリスを塗布してあげます。

201710245


仕上がったスタビライザーは、ピカピカでとても気持ちいいですね。

201710246


201710247


これと合わせてお勧めしたいのが、トーコンキャンセラーのメンテナンスです。
なかなか分かりにくいですが、リアのストローク時にキューキュー音がする場合には、ここが怪しいです。
判別には、リアショックを外して確認しないと分かりません。
今回の車両も症状が出ていますので、キチンとメンテナンスを行いました。

201710243

最後に、スタビリンクの確認を行いましたが、ピロボールに既にダメージがありましたので、今回は村上モータース製のショートスタビリンクに交換しました。

201710241

201710242


スムーズなドライビングを再現するには、定期的なメンテナンスが欠かせません。
これを怠ると本来のマシンのパフォーマンスは発揮出来ません。
また、メンテナンス作業のクウォリティーが決まるのは、効率重視ではなく完成度重視の質の高い作業です。
Miki Projectでは、マシン本来の性能を100%引き出す為に、一切の妥協をせずメンテナンス作業を行います。

みなさんも、、一度お車のコンディションを確認して、メンテナンスをして下さいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Miki Special オリジナルサスペンション オーバーホール

作業中のお客様の当店オリジナルサスペンションのMiki Specialのオーバーホールが仕上がって来ました!!

今回は、オーバーホールと合わせて減衰力もバージョンアップしました。
これで、更に戦闘力が向上するはずです。
日進月歩で、小さな改善を積み重ねる事が進化への一歩です。
常に進化し続ける、Miki Specialです。

http://www.geocities.jp/mikiproject_rs/MikiSpecial/mikispecial.htm

仕上がってきたサスペンションは、ピカピカにキレイに仕上がって来ておりまして、テンション上がります☆

201710201

更にもう一度、1本1本、丁寧に部品単品にしてバラして注油等を済ませてから、組立作業に入ります。

201710202

ボトムブラケット ロックシート、ダストブーツも全て新品に交換しました。

201710203

細かに検査を行った結果、リアの1本は、長年の使用で一部ダメージのあったフリーピストンとシリンダー(シェルケース)を最善を尽くすべく新品に交換しましたので、これで安心してご使用頂けます。
カスタマイズ含めて、あらゆる仕様変更、リペアにも対応出来ますので、比類なき速さを求めて、ずっと安心してお使い頂けます。


201710204

201710205

201710206

201710207

しなやかな動きをトレースする為にフルピロ仕様ですので、細かなパーツも全て洗浄を行いリフレッシュさせます。

201710208

201710209

組み上がったサスペンションは、丁寧に且つしっかりと車両側に取付を行いました。

2017102010

2017102011


この後、100km以上の慣らし運転を行って、しっかり馴染ませてから、車高調整とコーナーウェイト調整を経て、最終のアライメント調整に入ります。

時間は、掛かりますが、最善のステップで最高のマシンを仕上げます。

オーナーさん、もう暫くお待ち願います!!

201709081




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オレンジ号 オイルメンテナンス☆